翻訳家になるには

港区の翻訳コーディネーターです。このブログはもしかしたら翻訳家志望の方も見てくれているかもしれないので、今回は翻訳家になる方法について私が知っている限りのことを書いていこうと思います。

言わずもがなですが、翻訳家になるには英語力が必須です。「意味が通れば良い」ではまだまだで、「自然な文で意味を伝えることができる」のが理想です。翻訳文ではなく、あたかも最初からその言語で書いてあったかのように見えるのが一番ですね。

そのためには、自然な言い回しなどのストックをひたすら積み重ねていく必要があります。大学が英文科だったり、留学をしていたり、海外生活が長かったりすると若干のアドバンテージがありますが、そのバックグラウンドだけでは務まらないのが翻訳という仕事。常に好奇心と向上心を持って勉強をしていく必要があります。

自然な訳出にもいくつかコツがあって、例えば「名詞を動詞のように訳す」みたいなものも一つの方法です。こうしたテクニック的な知識は、「英語の勉強」ではなく「翻訳の勉強」をすることで身に付けていくことができますので、ある程度の英語力を付けたら今度は翻訳者養成学校(ISSやサイマルアカデミーなど)や翻訳の通信講座(DHCやフェローアカデミーなど)で学習をしていきましょう。

翻訳の技術も身に付けたら、仕事を探していきます。翻訳者養成学校などで成績が優秀だと仕事を紹介してもらえることもあるかもしれませんが、自分でも仕事を見つけられる能力はとても大事です。クラウドワークスみたいなクラウドソーシングサイトで翻訳関連の仕事を探しても良いですし、翻訳会社のHPなどからトライアルを申し込むのも良いでしょう。

基本的に翻訳会社に翻訳者として登録してもらうにはトライアルが必要なので、トライアルを突破できるように知識とスキルを磨き続ける必要があります。

さらに、得意分野があると仕事を見つけやすくなります。これまで自分が従事してきた仕事は得意分野になり得ますので、身に付けた知識を積極的に利用していきましょう。

以上、翻訳者ではない私が知る限りの情報をお伝えしました。ぜひ参考にしてみてください。