翻訳の業界調査

港区の翻訳コーディネーターです。今回は業界調査の大事さを書いていこうと思います。

翻訳者を目指しているにせよ、翻訳コーディネーターを目指しているにせよ、実際の翻訳会社がどういった分野を得意としていて、どういう風に仕事を受けているのか、それぞれの会社の強みはどこかなど、そういった情報を入手しておくと色々と便利です。

翻訳者志望であればトライアルを受けたいと思える会社を見つけることもできますし、どういった分野にニーズがあるのかを知ることもできます。分野ごとに伸びたり衰退したりするのが翻訳業界なので、「今後は環境関係を勉強しよう」「次はバイオに強くなろう」などと生存戦略を立てることは非常に大事なのではないでしょうか。

同じことが翻訳コーディネーター志望の人にも言えます。働きたいと思える会社が見つかるかもしれませんし、自分の得意分野を翻訳コーディネーターとして生かすことができるかどうかも知ることができます。

ちなみに翻訳者志望なら、それぞれの翻訳会社がいくらで翻訳を受注しているかもチェックしておくと良いかもしれませんね。クライアントからいくら受け取り、翻訳者にいくら渡しているのか、お金の流れをしっておくに越したことはありません。

こういった情報を仕入れるには、業界誌を買うのも良いですが、翻訳会社のHPを確認するのもおすすめです。例えば翻訳会社ACNのHPは、分野や利用案内が分かりやすく、コラムまであるので多くの情報を仕入れることができます。既に在籍している翻訳者の情報も一部ありましたので、色々と参考になるでしょう。

ぜひ様々な翻訳会社のサイトをチェックして、業界知識をゲットしてみてくださいね。