月別: 2018年3月

私が翻訳コーディネーターになった理由

東京都港区の翻訳会社で働く翻訳コーディネーターのブログへようこそ。

大学は英文科を卒業し、そのまま今のキャリアをスタートしてからそれなりの年月が経ち、仕事もそこそここなせるようになりました。昔は翻訳家になりたかったんですけど、どうも今の仕事が性に合っているみたいで、今のところキャリアチェンジする予定はないです。かの有名なTradosを買ったりしてたんですけどね・・・。

このブログでは、守秘義務に違反しない範囲で、私の日々の生活を書いていこうかなと思っています。まあ、最初の投稿である今回は、ちょっと私自身の話でもしましょうかね。

英語を勉強する人の大多数が、一度は翻訳家や通訳者になりたいと思ったことがあると思います。私も例にもれず、いずれ翻訳の仕事ができたらなって漠然と考えていました。なのでDHCとかサイマルアカデミーとかで翻訳の勉強をしようと思ってましたし、通訳・翻訳ジャーナルを毎回買って業界の勉強をしたりしてたんです。

ですが、そのうちに私に翻訳家は向いていないということが分かりました。物事をコツコツとこなしていくのが絶望的に苦手だったからです。一度だけ通信講座という形で翻訳の勉強をしたこともあったんですが、どうも継続的に課題をこなしていくことができませんでした。

もちろん他の翻訳コーディネーターの人はそうではないと思いますが、私はそういった理由から翻訳コーディネーターとして企業で働くことを選びました。結果とても合っていると感じているので、正しい選択だったと信じています。

プロの翻訳家として活躍している人は、英語力もさることながら、自分を律する力がやっぱりすごいと思います。実際に、今の仕事で翻訳家の人たちとやり取りをしていると、レスポンスの速さや仕事に対する責任感の強さに驚かされることが多々あります。まあ、そうでない人はトライアルで落とすんですが・・・。

これから翻訳家になろうとしている人は、英語力だけではなくて、信頼できる仕事相手として認められるためのスキル(PCスキル、ビジネススキル、ソフトスキル)なども意識して磨いていくと、翻訳会社からの印象はすごく良くなると思いますよ!